資料請求・お見積

フリーダイヤル(携帯可)0120-221-721 リフォーム・新築・耐震・不動産売買まで、お家づくりをフルサポート!須磨・垂水など神戸市全域で活動中。

Site Map

家づくりの知識 > まめ知識

建築ビルダーの種類について

公開:

建築ビルダーの種類について

ビルダーというのは、工務店やハウスメーカー、あるいは建築士といった、家を建てる人 (たち) のことを指します。
施工時だけでなく、資金調達のことから土地探し、竣工後のアフターフォローまでお世話になりますから、施主の方にとっては家づくりの根幹に関わる非常に大切なパートナーと言えるでしょう。

ビルダーの種類

家をつくろう!と思った場合、ビルダーに依頼することがほとんどだと思いますが、このビルダーにはいくつか種類があって、規模や得意分野別に以下のように分類することができます。

  • ハウスメーカー
  • 建築設計事務所
  • 工務店

ではそれぞれにどのような違いがあるのか具体的に見ていきましょう。(各分類の中でも色々な会社がありますから、あくまで傾向についてのご紹介になります)

ハウスメーカーの特徴

テレビ CM も放映されていることから、積水ハウスやダイワハウスなどの大手メーカーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

テレビに限らず、新聞広告やチラシなど広告活動も盛んなハウスメーカー…その積極的な広告活動からも推測できるとおり、ハウスメーカーは資本力があり、社内で抱えている社員数も多くいます。

資本力があるので開発力・技術力も高く、多種多様なスキルを持ったスタッフの集まりからなる大きな組織ですから、施主様の要望に応えるだけの知識やノウハウも豊富です。

ファイナンシャルプランナーや大手不動産スタッフのような外部の専門家とのパイプもあり、土地探しから資金計画まで、家づくり全般の心強い味方になってくれます。

また、事例集なども豊富で、あらかじめどのような家を作るのか想像しやすい、というメリットもあります。

その反面、「営業 → 工事担当者 → メンテナンス」といったように、各工程それぞれに担当者がいる場合が多く、一貫して同じ担当者が家づくりをフォローするといった案件はほとんどありません。

そのため、各担当者間のコミュニケーションに齟齬が発生したりするとミスが起きやすく、頼んでいたことに漏れがある、といったことも起こるようです。

更に、開発コスト・スタッフの人件費・広告費に大規模展示場のコストなどが商品代金に反映されるため、その他のビルダーに比べて高コスト住宅になりがちなことはデメリットと言えるでしょう。

建築設計事務所 (建築士) の特徴

巨大企業が多いハウスメーカーに対して、少数精鋭で事務所を展開しているのが建築設計事務所です。(弊社も建築設計事務所ですから、まさにこのカテゴリーに分類されます)

同時に進められる案件は少ないかわり、1 つの案件では、各工程すべてを建築士本人が監督し、最初から最後まできめ細かにフォローしてくれる場合が多いようです。

ただ、自分で事務所を運営していたり、あえて大きな組織に属していないという人もいて、強いこだわりを持つタイプの方も多く、提案されるプランが予想以上に奇抜な場合もあります。

実際に住んでみると「見た目は良いんだけど不便だなぁ…」なんてこともあるようですから、実際に家づくりにあたられる場合は、いわゆる建築士のこだわりに押し切られないよう、気をつける必要もあるでしょう。

また、中には設計だけを担当して、施工・管理は別の会社に依頼する設計事務所もありますから、最初から最後まで設計士に見て欲しい!という方は、そうした要望に対応できる建築事務所を探すようにしましょう。

工務店の特徴

工務店は、何と言っても地元に強い、ということが挙げられると思います。地域密着型が多いので、アフターフォローの面でもすぐに駆けつけてくれるといった利点が期待できます。

また、本当の意味でのビルダー (大工) を兼ねている場合がほとんどですので、設計と施工との間でズレが少ないことも大きな特徴です。

ちなみに、品質に関しては、抱えている職人の腕にもよりますし、仮にハウスメーカーや建築士に発注したとしても、施工の部分を担うのは工務店だったりしますので、そこに関しては本記事で言うところの区分にあまり差はないかもしれません。

ただ、工務店と直接やり取り出来る分だけ、間に別の会社が入ってヤキモキする…という事態は比較的少ないということは言えると思います。

弱点としては、デザイン面での提案力に欠けることがあり、「他の人の家とはひと味違う!」というような独創性を求めるのは難しいかもしれませんので、堅実な家づくりがしたい、という方にはオススメのビルダーと言えると思います。

まとめ

以上、各種ビルダーの違いについてご紹介して参りましたがいかがでしたでしょうか?

ここでご紹介したのはあくまで傾向です。実際は各会社や事務所、店舗毎に多種多様なメリット・デメリットがあって、身も蓋もない言い方をしてしまうと『相性の問題』だったり『好みの問題』だったりします。

ですから、いざビルダーを探したり絞り込んだりといった段階になれば、型や枠にあてはめず、個別にしっかりと見極めるようにしてくださいね!