資料請求・お見積

フリーダイヤル(携帯可)0120-221-721 リフォーム・新築・耐震・不動産売買まで、お家づくりをフルサポート!須磨・垂水など神戸市全域で活動中。

Site Map

施行中のレポート > 垂水区N様邸

【垂水区 N 様邸】地盤調査

公開:

【垂水区 N 様邸】地盤調査

垂水区高丸の新築注文住宅 N 様邸の現場から最新レポートをお届け。N 様邸プロジェクトでは間取が確定し、建築確認を申請中。現場では、前回の記事でご紹介した芯だしの杭を活かしつつ地盤調査を実施。当社ではこの結果を基にして地盤改良の検討に移ります!

N 様邸で実施したのは「スウェーデン式サウンディング方式」と呼ばれる地盤調査。戸建住宅で実施する調査としては最もポピュラーなものです。

地盤調査は闇雲に進めれば良いというものではありません。建物の形状や性質にあわせて、地盤にかかる負荷も全然違うわけですから、どのポイントで地盤を調査するかは非常に大切です。

今回も間取の確定を受けてしっかりと建物形状にそったポイントで調査するよう進めました。(先日の芯だしで打ち込んだ杭を活用しました)

まとめ

調査では、地盤の状態や良好な地盤までの深さなどを知ることができます。その結果から、適切な地盤改良を実施するわけですが、中には改良の必要がないくらい良質な地盤の土地というのもあります。

とは言え、そういうことってまずそうそうないものです。現在購入を検討される土地は地盤調査や地盤改良が実質義務化される前に住宅用地として活用されていたものがほとんどですから、改良工事を実施しなければお家を建てられないものがほとんどだと思います。

お家の安全性には、地盤・基礎の強さがとても強く影響します。丈夫な建物を建てるためにもこの部分への調査を怠ることなく、十分な準備を進めておかなければなりません。