資料請求・お見積

フリーダイヤル(携帯可)0120-221-721 リフォーム・新築・耐震・不動産売買まで、お家づくりをフルサポート!須磨・垂水など神戸市全域で活動中。

Site Map

家づくりの知識 > 家づくりのコツ

土地代を抑えるために知っておくべき設計の知識

公開:

土地代を抑えるために知っておくべき設計の知識

本日は土地の向きとお家そのものの日当たりの関係についてお話したいと思います。土地の日当たりだけでその良し悪しを判断すると、設計次第でとんでもない失敗に繋がる可能性も …

分譲地の基本

例えば、上のような区画割のされた分譲地があった場合、A、B、C の土地(北側)と D、E、F の土地(南側)では一般的に価格設定が異なります。環境も利便性も全く同じであるにも関わらず、です。

というのも、A、B、C の土地と D、E、F の土地では、接道の向きが違うんですね。

つまり、A、B、C の土地は、北側で日当たりが悪く暗い家になりそうだから価格が安く設定されているのに対して、D、E、Fの土地は、日当たりのいい明るい家が建てられそうだから価格が高めに設定されている、ということです。

では具体的に、北側接道の土地と南側接道の土地でどれくらいの価格差が生まれるのでしょうか?

北向きと南向きの価格差

あくまで一般的な価格差、ということになりますが、北側接道の土地と南側接道の土地では、坪単価で 2〜3 万円程度の開きがあるので、先の A、B、C と D、E、F が仮に 30 坪とすると 60 万円 〜 90 万円もの差になるということですね。

凄いですよね。ところがもっと凄いことに、こんなにも価格差があるにも関わらず、実際にどんどん売れるのは常に D、E、F の方からなんですよ。

多くの人にとって、家や土地の南向信仰というものはかなり根強くて、D、E、Fのような土地は高値にも関わらずすぐに売れたりします。そしてその一方で、そうした土地があるからこそ得することもあります。

北向き土地のメリット

南向き土地に人気が集中して、価格が高いお陰で買主が得すること … それは、北向き土地が安く手に入るということです。

なぜなら、北向き土地は、需要量が供給量を上回ることがないため、焦ってその場で即決する必要がない上、ほとんどのお客様が南向きの土地に心を奪われるので、売る側はむしろこの不人気の土地を売るために心を砕くのです。

具体的には、価格交渉に応じてくれる可能性が高く、もし売れ残りでもしたら、ほぼ間違いなく勝手に売値が下がり始めます。

もし、値下げや価格交渉で 50 万円安くなったと仮定すると、D、E、F の土地に比べて 150 万円近くも安く買えた!なんてことが充分にあり得るわけですね。

だからこそ、少しでも家づくりの予算を抑えたいとお考えであれば、南道路の土地ではなく北道路の土地を購入すべき、なんですよね。

北向きだと家が明るくなる!?

この記事をお読みの方は、「でも北向きの土地だとお家が暗くなるんじゃない??」と心配されるのではないでしょうか?

ご安心ください。明るい家になるかどうかは、実は、土地の日当たりの良し悪しと無関係であると言っても過言ではありません。

お家づくりにおいては、長年「南向き = 日当抜群」といった図式が用いられてきましたが、これは直射日光を採り込むことしか考えていない、すこし視野の狭い考え方と言わざるを得ません。設計段階に入ると、それによって起こる弊害だってあるんですよ?

意外なクセモノの直射日光

直射日光を中心に発想すると、太陽が射し込んでくる方向に大きな窓をたくさん作りがちです。しかし、南道路の土地で、太陽が射し込む南に大きな窓をつくった場合、家の中は確実に通行する人や来るから丸見えになってしまいます。

そして、人目を避けるためにすることと言ったら、暑く眩しい直射日光だけでなく、人目を避ける為にカーテンやシャッターを設置せざるを得なくなってしまいます。結果として、昼間でも家が暗くなるだけでなく、窓を開けて風を通すこともできないし、イメージの真逆の現実に直面するというわけです。

光には、直射日光と天空光の2種類があります。そして、安定した明るさを常に保つためには、北窓から入ってくるような、やさしい光である天空光が必要です。

また、直射日光も、壁を上手く利用し反射光として室内に採り込めば、安定した明るさを保つことが出来るようになるし、日当たりが悪そうな土地でも、間取りを工夫すれば、採り込みたい場所に直射日光をたっぷり採り込むことも出来ます。

まとめ

明るい家にしたい!と思ってわざわざ高い南向き土地を買ったのに、その実、昼間でも暗いお家になってしまうなんて、とんでもない失敗だと思いませんか?

家造りでは、日当たりが良い土地を買ってしまうと、間違った設計を引き起こしかねない … と言っても決して言い過ぎではないかもしれません。

ですから、予算内で住みやすい家を建てるためにも、日当たりだけで土地の良し悪しを決めないようにしていただければと思います。