資料請求・お見積

フリーダイヤル(携帯可)0120-221-721 リフォーム・新築・耐震・不動産売買まで、お家づくりをフルサポート!須磨・垂水など神戸市全域で活動中。

Site Map

ヒールテクト 安全への取り組み キービジュアル

鉄よりも靭くしやなかに

木造住宅の強みを最大限発揮すること

木材の強み

蜂の巣のようなハニカム構造を持つ木材は、軽量なのに、圧縮や曲げなどの力にも非常に強く、同じ重さで材料の強度を比較値(下図)でも、鉄・コンクリートをしのぐ数値を記録しています。揺れに強いだけでなく、自らの重さによる建物の倒壊の危険性も抑えてくれます。

しかも、「調湿効果」「脱臭効果」などを持つことが知られており、雨が多く湿度の高い日本の気候風土にあっても快適な空間を演出してくれます。リラックス効果のある木の香りに包まれると、まるで森林浴をしているかのよう。《ヒールテクト》の住空間はまさに癒しそのものです。

そして、天然木をはじめとした自然素材はそれぞれに異なる表情を持っていて、色・硬さ・クセや模様が違います。同じ種類の木であっても一本一本が持つ特性や風合いを生かしながら、好みやライフスタイルに合った個性的な住まいづくりが可能です。


太い天然木が強い構造をつくりだす

軽量なのに強く、強いのに加工性も高い。耐久性・耐火性能においても、鉄やコンクリートにも勝るとも劣らない驚異の性能を誇る天然木は、自然素材を追求する《ヒールテクト》の構造材として欠かせない存在です。

4寸角の柱

ヒールテクトでは全ての通し柱と土台に、通常使用される3.5寸よりもひと回り大きい4寸角の国産ひのきを採用。太い無垢材を通し柱に使用することで耐震性を高め、地震の揺れによる倒壊・崩壊を防ぎます。

また、日本の古い寺や神社を見てもわかるように、本来木材の持つ耐久性はとても高く、ある程度太い部材でしっかり施工してメンテナンスしていく事で、100年以上使うことも可能です。

鉄と比べても高い耐火性能を発揮

「木は燃えるけれど鉄は燃えないのだから鉄骨の方が火災に強い」こう思われている方も多いでしょう。確かに鉄は燃えませんが、一定以上の温度にまで上がると、急激に強度を失ってしまうという欠点を持っています。

一方、木は燃えますが、燃えたところから炭となり、燃焼に必要な熱と酸素を柱の中心まで届きにくくしてくれる特性を持っています。内部まで燃焼し難いという事は、火災発生後から倒壊までの時間を伸ばし、避難をする為の時間を稼ぐ事ができるということでもあります。

木造であれ、鉄骨造であれ、引火性のある建材を使用する以上、火災発生のリスクは同じ。大事なのは各部材を太くして、建物倒壊のリスクを少しでも減らしておくことなのです。

お家を支える頑健な地盤と基礎

地震大国日本に求められる耐震技術

《ヒールテクト》のお家づくりは、地盤調査・地盤保証といった土地そのものの安全性を確保するところからスタート。ベタ基礎の標準採用の他、金物補強による建物の固定など、土台もしっかり施工いたします。

必要に応じた地盤改良を実施

ヒールテクト イメージ画像

当社では建物を立てる前に必ず地盤調査を実施いたします。その結果、軟弱地盤であるといった不安が生じた場合、地盤の状態に応じた地盤改良を実施いたします。

地盤工事における瑕疵により、建物が損壊してしまった場合、損壊した建物及び地盤の修復工事を行う保証も標準で付いておりますのでご安心頂けます。

面で支えるベタ基礎が標準装備

ヒールテクト イメージ画像

建物の外周や柱の下だけでなく、底部全体に鉄筋コンクリートを打設します。家の荷重を「面」で支えるので、負荷が分散して安定性に優れ、不同沈下(液状化)に強い上、底板が湿気を防ぎシロアリ対策にもなります。

ただし、土地や建物の条件によっては、必ずしもベタ基礎が有効と言えない場合があります。その際は布基礎をご提案することがございます。

津波に耐える金物で建物ガッチリ固定

ヒールテクト イメージ画像

東日本大震災、押し寄せる津波に多くの家屋が流される中、ただ一棟だけ無事流されることなくその場に留まったお家がありました。これはホールダウン金物という補強金物によって、建物と基礎ガッチリと固定されていたことによります。

今では設置が義務化されたホールダウン金物は、もちろん《ヒールテクト》のお家でもしっかり施工いたします。

耐震×制震 キービジュアル
耐震

4寸角の柱と土台で揺れに強い構造を作り、壁量確保とその配置バランスにもしっかりと気を配ります。建物倒壊の原因にもなりえる、柱・壁の直下率不足にも備えるから、《ヒールテクト》では全棟で耐震等級3相当をクリアいたします。

制震

大きな地震の頻発する日本では、本震による倒壊を免れても、繰り返しの余震や倒れてくる家具によって命が危険に晒されることもあるのです。「揺れを制御」して「繰り返しの揺れにも耐える」ことが、これからの耐震のスタンダードです。


全棟耐震等級3相当が
標準仕様

耐震等級

耐震等級とは、地震に対する建物の強さを表す等級で、1~3までの3段階で表され、数が大きいほど耐震性が高くなります。「耐震等級1」であっても、震度7の地震でも倒壊しない程度の耐震性能とされていますが、熊本地震のような、2回以上に渡る震度7程度の地震対しては、最高レベルの耐震等級3相当が必要です。これは、消防署や警察署など防災の拠点となる建物と同じ耐久性を持つことになります。

直下率による
建物の倒壊を防ぎます

直下率計算

直下率には「柱の直下率」と「壁の直下率」があります。柱の直下率は、2階の柱の下に1階の柱がどれがけあるのかを示す値で、壁の直下率は、2階の耐震壁の下に1階の耐震壁がどれだけあるかを示す値です。

過去の地震では、耐震等級2(長期優良住宅基準)を持った住宅が倒壊しており、原因は「直下率不足」でした。建築基準法で直下率の規定はありませんが、ヒールテクトでは全棟で直下率も計算します。


「耐震等級3」の家でも
制震装置って必要なの?

地震に対する建物の強さを表す耐震等級では、「耐震等級1」で「震度6強~震度7程度の地震に対して倒壊・崩壊しない」とされていますが、これは1回目の強地震に対してのみで、2回目は想定されていません。

つまり、「耐震等級1」の1.5倍の強さとされる「耐震等級3」の家であっても、連続して震度6クラスの地震を受けた場合、1回目は耐えても2回目で倒壊する可能性は非常に高くなります。

要するに、「逃げる時間は倒壊しないようにする」というのが耐震の基準になるのですが、平成28年の熊本地震では、連続して震度7クラスの地震が発生しました。こうした地震に対しては「耐震等級3」を取得しただけでは不十分なのです。

制震が必要な理由

制震ユニット
MIRAIEについて

「MIRAIE(ミライエ)」は、住友ゴム工業が開発した高減衰ゴムテクノロジーの粋を集めた制震ユニットです。振動エネルギーを熱エネルギーに変換して地震の揺れを効率良く吸収。突然の地震だけでなく、繰り返しの余震にも効果を発揮してくれます。

また、メンテナンス性にも優れており、90年間 制震特性がほとんど変わりません。高層ビルや橋の制震ダンパーの技術を転用した高い信頼性を誇ります。

高減衰ゴム