高性能住宅 顧客満足度No.1の理由

  • TOP  >  
  • 高性能住宅 顧客満足度No.1の理由

高性能住宅No.1の理由No.1

高性能住宅No.1の理由

神戸エリアにおける
高性能住宅 顧客満足度
No.1を獲得しました!

株式会社 アシストでは、断熱性、気密性、耐震性すべてで基準値を上回る家づくりを行います。高気密・高断熱住宅でエコな暮らしを、耐震住宅で万が一の際も安心・安全な暮らしを実現しませんか? 当社が設計する「R+house」は、お客様から「神戸市須磨区における高性能住宅No.1」に選ばれています。ここでは、当社が「No.1」である理由を掘り下げて見ていきましょう。

省エネ基準を大きく上回る高断熱・高気密

断熱性について

断熱性について

「R+house」は、株式会社 アシストが提供する高性能・高断熱の住まいです。オリジナル高性能断熱パネル、「R+パネル」を使用することで、暑い夏でも室内が上がり過ぎず、寒い冬でも足元が冷たくならない暮らしを実現します。

通常、住宅の断熱性は「UA値(外皮平均熱貫流率)」という指標 で表されます。UA値は家の断熱性や冷暖房等のエネルギー使用効率を評価する「省エネ基準」の根拠となる数値です。「R+house」のUA値はこの省エネ基準を大きくクリアしており、快適な住まいをお客様に提供することができます。

また、「R+house」のメリットは住みやすさだけではありません。「R+パネル」はグラスウールを大幅に上回る優れた断熱性能を持ち、さらに湿気にも強い など、高い耐久性を備えています。また、モジュールに合わせてパネル化されているので、建築コストを下げながら施工スピードをUPさせることにも貢献。住みやすさだけでなく、コストと施工スピードにも優れている点は、「R+house」の大きなメリットと言えるでしょう。  

気密性について

気密性について

お客様にとって本当に暮らしやすい住まいを実現する「R+house」は、優れた気密性も備えています。「高気密な家」とは、簡単に言えば「隙間が少なく、熱損失が少ない家」のこと。冷暖房用エネルギー消費を低減でき、計画換気を適切に行うことで結露の危険を低くできるなど、暮らしのうえでさまざまなメリットがあります。

家の気密性を判断するために役立つ指標が「C値」です。C値は床面積1㎡あたりの隙間面積(㎠)で示され、数字がゼロに近いほど隙間の少ない「高気密な家」ということになります。過去の省エネ基準は5.0(㎠/㎡)でしたが、それに対してR+houseの標準は1.0(㎠/㎡)以下という結果が出ています。このことからも、「R+house」は一般的な基準を上回る高気密住宅と言うことができるでしょう。

専門建築士のチェック&「R+パネル」で地震に強い家を実現

専門建築士のチェック&「R+パネル」で地震に強い家を実現

「R+house」は、オリジナルの「R+パネル」で家の“面”全体を支える「パネル工法」を用いています。面全体を支えるため力が分散し、横からの強い力にも耐えることが可能。建物の強さを表す指標である「耐震等級」で、「R+house」は建築基準法の1.5倍である「等級3」を獲得しています。

また、「R+house」のすべての住宅は、構造専門の建築士が1棟ごとに個別に構造計算を行っています。建物の耐震性は荷重、風圧力、地震力、接合部の確認、基礎の設計、偏心率の観点から厳密にチェック。

このように、断熱性、気密性、耐震性の高い家をお客様にご提供していること――。それが、株式会社 アシストが「神戸市須磨区における高性能住宅No.1」に選ばれる理由です。

Line upラインナップ