お風呂でリラックスタイムを

お風呂でリラックスタイムを

疲れてお家に帰ってきてゆっくりと入るお風呂は格別ですよね。
お風呂に入ると血管が広がり、たくさんの血液が体内を巡ることで、新陳代謝が活発となります。 また「体の修復」や「リラックス効果」をつかさどる副交感神経が優位な状態となり、筋肉が緩み、関節の緊張が和らぎ、神経の過敏性が抑えられます。
このように健康のための効能があるお風呂なのですが、一歩間違うと健康を損なうことになってしまいます。
浴室での溺死は幼児の場合もありますが、シニア層・高齢者が圧倒的に多くなっています。特に冬に多いのは、入浴の際の急激な温度差によって、血圧や血流が急変するヒートショックが原因だと考えられています。
浴室はすべりやすい上、立ったり、座ったりする動作や、浴そうへの出入が伴うため、転倒による事故が起こりがちです。また、転倒の際にドアのガラスを割ってケガをする可能性もあります。
このような事故を防ぐためにできる対策はいろいろあります。
まず、温度差を少なくする。
浴室と脱衣所との温度を少なくするため、冬場は脱衣所にも暖房をするなど工夫が必要です。
転倒を防ぐためには脱衣所と洗い場の間に段差のない設計や、すべりにくい仕上げ材を選ぶのがポイントです。
床のタイルをできるだけ、すべりにくい素材に。
他に、手すりをつける、浴槽の形状に気を付ける。、ドアのガラスを割れにくいものにするなどの対策があります。
お風呂にもこだわって、快適、安全なお家をつくりましょう。

相談会参加お申し込み・お問い合わせ

当社主催の家づくり相談会は参加費無料・完全予約制です。なお、参加ご予約は下のメールフォームまたはこちらの電話番号へ直接どうぞ。なお、当社の家づくりや相談会の内容についてのお問い合わせも承っています。

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの場合は、下記の電話番号まで直接ご連絡ください。

0120-221-721受付:10:00~18:30

メールフォームでのお問い合わせ

必要事項をご記入の上、送信してください。折り返し当社担当よりご連絡いたします。

お名前必須
e-mail必須
郵便番号
  • 自動入力

ご住所
TEL
ご依頼・ご相談内容必須