設計士がおすすめする【あると便利な収納スペース】

設計士がおすすめする【あると便利な収納スペース】

すっきりとした住まいを実現させるためには、あるべき場所にモノの「居場所」を確保してあげることが大事です。
暮らしをより便利にするために、 家づくりから収納計画を考えてみませんか?

◆ウォークインクローゼット
ウォークインクローゼットとは英語でwalk‐in closetと表し、歩いて入るほどのスペースがあるクローゼットを指します。人が入れる広さなので、少なくとも2畳以上はあると考えてよいでしょう。ウォークインクローゼットには着替えるほどのスペースがあるので、身につけるものをまとめておけばあれこれ探す必要もなく短時間に身支度を終えることができて便利です。
ウォークインクローゼットは独立した小部屋なので扉がついています。そのため、部屋のデザインを損ないません。また、床の段差もないので居室に入るようにスムーズに出入りすることができます。ウォークインクローゼットは寝室に備えつけられている場合が多いですが、廊下に面していたり、リビングの一角に備えつけられたりしていることもあります。
最近は、洗面・脱衣所に洗濯機や物干しスペースを設置するケースが増えています。
その隣に家族の衣類を収納するウォークインクローゼットを設けることで、脱衣所で服を脱ぐところから、洗濯、乾燥、収納、そしてまた着るまでがすべて近くで済み、家族の生活動線や洗濯動線がぐんと快適になります。
また水回りのクローゼットを家事室としても使えるようカウンターをつけ、アイロンがけや繕い物ができるようにしておくのも人気です。
さらに洗面・脱衣所周りは、意外とたくさんの物が集まる場所です。
洗剤、シャンプーなどのストック類や、タオル、トイレットペーパーなど、洗面・脱衣所周りに必要なアイテムも一気に収納できて便利です。
夫婦の寝室や子ども部屋、または1階の収納スペースには普段使うものを収納。オフシーズンの家電や寝具、または使用頻度の低いものなどは、2階のウォークインクローゼットに収納しておくと使い分けができてとても便利です。

◆シューズインクローゼット
シューズインクローゼットとは、玄関に設置された物置のような存在です。通常の玄関の間取りは1畳から3畳ほどですが、シューズインクローゼットはそれに加えて2畳ほどのシューズ棚を設置して収納スペースを増築したり、大きい場合では4畳以上の広々とした部屋のような空間を作り出して生活用品を置くことも可能です。シューズインクローゼットはちょっとおしゃれな玄関の物置だと思って下さい。
家の押し入れに入りきらない荷物があっても、クローゼットの棚やクロークなどの収納スペースが問題を解決してくれます。外の物置では埃が大事な物につもってしまうのを防げますし、玄関口でコートの脱着ができるというメリットもあります。
シューズインクローゼットは機能面としては物置そのものなのですが、見方を変えれば自由自在にインテリアを楽しめるプチ空間でもあります。ベンチや植物を置いて帰宅したときにホッとできるような空間にしたり来客を驚かせるような面白い間取りにすることもできます。間取りを広くとってウォークインクやウォークスルーを付け加えれば、家の魅力はさらに増すことでしょう。

大型のクローゼットはいろんなものを仕舞えて、とても便利なのですが、収納スペースを大きくとるほど居住空間は圧迫されるので、ご家族のライフスタイルや、持ち物の量に合わせた収納計画をたてましょう。
家づくりの際には、理想のライフスタイルや持ち物などを設計士に伝えておくことをおすすめします。
どこに何を収納したいかや、どんな使い方をしたいかなどを相談し、家族や暮らしにぴったりフィットした収納スペースを設けましょう。

アシストではそのような要望やお悩みにも対応いたします。
機能的な収納がある住みやすいお家をつくりませんか?
ぜひご相談ください。

相談会参加お申し込み・お問い合わせ

当社主催の家づくり相談会は参加費無料・完全予約制です。なお、参加ご予約は下のメールフォームまたはこちらの電話番号へ直接どうぞ。なお、当社の家づくりや相談会の内容についてのお問い合わせも承っています。

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの場合は、下記の電話番号まで直接ご連絡ください。

0120-221-721受付:10:00~18:30

メールフォームでのお問い合わせ

必要事項をご記入の上、送信してください。折り返し当社担当よりご連絡いたします。

お名前必須
e-mail必須
郵便番号
  • 自動入力

ご住所
TEL
ご依頼・ご相談内容必須